アップルとマイクロソフト — The Lost Interview

20130815-午前071346.jpg

Steve Jobs: The Lost Interview (Full Film) 2012 | YouTube[53:00 〜 58:30 ごろ]
乔布斯遗失的访谈视频 中英文全文翻译 The lost interview

     *     *     *

死に瀕するアップル

クリンジリー:次に私は現在のアップルについてジョブズに尋ねた。このインタビューの時期がジョブズがアップルに復帰する1年前の 1995 年であることに注意。また、インタビューから1年後にアップルがネクストを買収したとき、買収で得られたアップル株をジョブズが直ちに売却したことにも注意。]

[Cringley: I then asked Steve for his thoughts on the state of Apple. Remember this was 1995, a year before he would go back to Apple. Remember too when Apple bought NeXT a year after this interview, Steve immediately sold the Apple stock he received as part of the sale.]

ジョブズ:アップルは今や死に瀕している。それは苦悩に満ちた死だ。死に向かってゆるやかに滑り落ちている! そうなったワケは・・・自分がアップルを去ったとき、アップルは業界他社より10年先を走っていた。マッキントッシュには10年のリードがあった。マイクロソフトが10年かけてそれに追い付くのをただ見守っていた。彼らが追い付いたのは、アップルがじっと立ち止まっていたからだ。現在出荷されているマッキントッシュは自分が去ったときより 25% しか進化していない! 年間何百万ドルも研究開発費を投じたのに。合計すれば50億ドルも研究開発費にかけたのに。いったいそれで何が出来たというのだ? サッパリ分からん。

Jobs: Apple is dying today, Apple is dying a very painful death, it’s on a glide slope too, to die! And the reason is because …you know when I walked out the door of Apple, we had 10 years lead on everybody else in the industry, Macintosh was 10 years ahead. We watched Microsoft take 10 years to catch up with it. Well, the reason that they could catch up with it was because Apple stood still. I mean the Macintosh shipping today is like 25% different than the day I left! They spent hundreds of millions of dollars a year on R&D, you know total of probably 5 billion dollars on R&D. What did they get for? I don’t know!

     *     *     *

もはや逆転は不可能

実際に起きたのは・・・こういうことだった。前に進むにはどうしたらいいか、新製品を作るにはどうしたらいいか、そういうことの理解が消え去ってしまった。多くの優れたひとたちがしばらくは留まっていたが、いっしょに仕事する機会も与えられなかった。なぜならそうすべきリーダーシップがなかったからだ。だから現在アップルで起きているのはマーケットシェアを含めて多くの点で遅れを取っているということだ。最も大事なことはアップルを差別化していたものがマイクロソフトによって浸食されてしまったことだ。今残っているのはユーザーベースだけだ。それも増えてはおらず、少しずつ縮小している。数年間は収入源になるだろうが、緩やかに減少していく。こんな風に・・・。非常に残念だが、もはや現時点で逆転させることはできないと思う。

But it was… what happened was the …understanding of how to move these things forward, and how to create these new products, somehow evaporated, and I think a lot of good people stuck around for a while, but there wasn’t an opportunity to get together and do this, because there wasn’t any leadership to do that, so what happens with Apple now is that they had fallen behind in many aspects certainly in market share, and most importantly their differentiation has been eroded by Microsoft, and so what they have now is that they have their installed base, which is not growing, which is shrinking slowly, but would provide a good revenue stream for several years, but it’s a glide slope, it’s just gonna go like this. So it’s unfortunate and I don’t really think it’s reversible at this point of time.

     *     *     *

マイクロソフトはどうか?

クリンジリー:マイクロソフトはどうですか? ゆっくりと進んではいるものの、いわば消え行くフルサイズモデル Ford-LTD で未来に向かっているようなもの。キャデラックでもなければ、BMW でもない。それは単なる・・・そのう・・・何をやっているのか、いったい彼らはどうなっているのでしょう?

Cringley: What about Microsoft? I mean that’s the jog not now, and it’s kind of Ford-LTD going into the future. It’s definitely not Cadillac, it’s not BMW it’s just … you know … what’s going on there, how did these guys do that?

ジョブズ:マイクロソフトが軌道に乗れたのは IBM という名のサターン5ブースター[世界最大のロケット]があったからだ。ビル[・ゲイツ]が聞いたら気を悪くするかもしれないが事実なのだ。すばらしいチャンスを生かしてより大きなチャンスを生み出したのはビルやマイクロソフトの功績だ。覚えているひとはほとんどいないが、1984 年のマックのときまでマイクロソフトはアプリケーションビジネスをやっていなかった。ロータスがその分野を支配していた。そこでマイクロソフトは大きな賭けに出たのだ。マックのためにソフトを書くという賭けに。しかし出来上がったアプリケーションはひどいものだった。でも彼らはよりよいものにしていく努力を継続した。やがて彼らはマッキントッシュのアプリケーションマーケットを支配するに至った。同じアプリケーションを使ってウインドウズが PC マーケットに参入するバネにしたのだ。

Jobs: Microsoft’s orbit was made possible by a Saturn 5 booster called IBM. And I know Bill would get upset with me for saying this, but of course it was true. And much to Bill and Microsoft’s credit they used that fantastic opportunity to create more opportunities for themselves. Most people don’t remember but until 1984 with the Mac, Microsoft was not in the application business, which dominated by Lotus. And Microsoft took a big gamble, to write for the Mac. And they came out with applications that were terrible. But they kept at it and make them better. And eventually, they dominated the Macintosh application market, and then used the spring board of Windows to get into the PC market with the same applications.

そして彼らは PC 世界のアプリケーションビジネスも支配している。だから彼らには2つの特徴がある。彼らは悪い意味ではなく強力なオポチュニスト(日和見主義者)だと思う。2つ目に、彼らは日本人のようだ。何度でもやってくる。そして IBM との取引がもたらした収入源がそれを可能にしたのだ。それでも大部分は自分たちでやったことだ。その点は評価したい。

And now they dominated the application business in the PC space too. So they have 2 characteristics. I think they are very strong opportunists. And I don’t mean that in a bad way. And two, they are like the Japanese. They just keep on coming. And now, they were able to do that because of the revenue stream from the IBM deal. But nonetheless they made the most of it and I gave them a lot of credit for that.

     *     *     *

マイクロソフトの問題

マイクロソフトの唯一の問題はセンスがないことだ。彼らにはまったくセンスがない。それも少々なんてものではない。とことんないなのだ。彼らはオリジナルなアイデアを思いつかず、自社の製品にカルチャーをほとんど持ち込まない。なぜそれが重要かというかもしれない。プロポーショナルフォントは植字や美しい書籍から生まれた。アイデアはそこから生まれたのだ。もしマックが存在しなかったら、決してそれが製品に反映されることはなかっただろう。

The only problem with Microsoft is they just have no taste. They have absolutely no taste, and what that means is… I don’t mean that in a small way, I meant that in a big way in the sense that they don’t think of original ideas, and they don’t bring much culture into their products. And you say why is that important, well, proportionally spaced fonts come from typesetting and beautiful books. That’s where one gets the idea. If it weren’t for the Mac, they would have never had that in their products.

     *     *     *

三流製品しか作れない

だから自分は悲しく思う。マイクロソフトが成功したからではない。マイクロソフトが成功したことには何ら問題はない。成功の大半は自ら勝ち取ったものだ。私が問題にしているのは、彼らが三流の製品しか作れないという事実だ。彼らの製品には精神がない。その製品には啓蒙の精神がない。とてもありきたりなのだ。さらに悲しいことは、その顧客の多くがこのような精神を持ち合わせていないことだ。然るに我が種族を増やすためなら、ベストのものを広めて、誰もがより優れたもので育ち、より優れたものが持つ繊細さを理解できるようにする。なのにマイクロソフトはマクドナルドに過ぎない。だから悲しいのだ。マイクロソフトが勝利を収めたことではなく、マイクロソフトの製品が洞察力も創造性も持ち合わせていないことに・・・。

And, so I guess, I’m saddened not by Microsoft’s success. I have no problem with their success. They’ve earned their success, for the most part. I have the problem with the fact that they just make really third-rate products. Their products have no spirit to them. Their products have no… sort of spirit of enlightenment about them. They are very pedestrian. And the sad part is that most customers don’t have a lot of that spirit either. But the way we are going to ratch it up… our species, is to take the best, and to spread it around everybody. So that everyone grows up with better things, and start to understand the subtleties of these better things. And Microsoft is just… McDonalds. And that’s what saddens me. Not that Microsoft has won, but that Microsoft products don’t displayed more insight and more creativity.

広告

The Only Place People Shop Online Is Amazon

amazon

The Only Place People Shop Online Is Amazon | The Atlantic Wire

Rebecca Greenfield:

Online shopping in general isn’t killing the great American mall, Amazon.com is — singlehandedly so. The Internet retailer sells more stuff online than its 12 biggest competitors combined…

ParisLemon — The Only Place People Shop Online Is Amazon


iTunes Festival

itunes_festival

iTunes Festival: 1 – 30 September 2013

iTunes Festival opens tomorrow | The Loop